--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-08-29

[2010-08-29]題名のない音楽会

前々から植松氏が告知していましたが、「題名のない音楽会」にてゲーム音楽特集が放送されました。

http://www.tv-asahi.co.jp/daimei/contents/onair/

「こんばんは」はカットというか他の音声にかぶって聞こえなくなっていましたねw
選曲はサガはなかったけどなかなかツボをついてくれる…ドラクエ3とかドラクエ3とか。
これで序曲じゃなくてロトのテーマだったら言うことはなかった…(ロト厨)

puyotaroh 題名のない音楽会、20年以上前のドラクエ3が出た頃にゲーム音楽特集をやったことあるけど、そのときは当時司会の黛氏が「ピコピコ音楽はいかがと思う」と批判して、当時マイコンBASICマガジンで大論争になったっけ…。それを思うと隔世の感がある。 #daimei #tvasahi
http://twitter.com/puyotaroh/statuses/22394795885

ちょっと、国会図書館にバックナンバーがないか調べてみたくなりました。
スポンサーサイト
2010-08-20

[2010-08-20]ドラクエ行脚

東京ドームシティでドラクエのアトラクション(?)、渋谷で女性向けのドラクエグッズショップが開店中というので梯子してきました。
東京ドームシティの方は、入場自体は無料で出来るので雰囲気を味わいに行っただけですけど。
ルイーダズカフェも行ってみたかったし。
写真だけはいっぱい取ったのでそのうち載せますよ…そのうち。

2010-08-07

[2010-08-07]NHKゲーム音楽三昧

昼からNHKFMラジオで「ゲーム音楽三昧」の放送をしていました。
手持ちの環境ではクリアな受信ができず、午前中新しいラジオを買いに行って録音スタンバイ。
結局10時間完走してしまいました…。

http://www.nhk.or.jp/fm-blog/200/50976.html
http://www.nhk.or.jp/zanmai/past/20100807game/

結局放送前はリクエストらしいリクエストはしなかった。サガなら流れる可能性高いし特にこれ!というのもなかったので。
すぎやんも電話でちょっとゲスト出演。ラジオ放送は大阪、この日は池袋でドラクエコンサートだったから仕方なし。
高橋名人やノビヨは直接ゲスト参加。

ドラクエFF多すぎだろう…。それだけリクエストが多かったのだろうから仕方ないけどさ…!
サガからは予想通りというか、ロマサガ2の七英雄バトルとロマサガ3の四魔貴族バトル1・2。
2までやってくれたのはうれしいけど本当に王道すぎる。

でも終わってみるとやはりちょっと不満も残るかな。芸人さんたちのトーク長かったなぁ…。
エンディング特集やるなら天翔ける翼流して欲しかったかもとか…w
2009-09-12

[2009-09-12]おおかみかくし

おおかみかくしの方も通勤時間を利用して地味に進めています。
もう半分くらいは攻略できてるだろうか…

前回までの五色塚編・狼面宿儺の章、鬼宿りの章に続いて、妹のマナ中心となる双奏輪廻の章終了。
今までやったルートに比べて、一見関係があるのか分からない選択肢にもちゃんと意味があることが後になってわかる展開で、それなりにストーリーも分岐。

妹のマナを学校に迎えに行き、散歩の道すがら立ち寄った家でお姉さんと親交を深め、バイオリンを習う妹。
最初に決めたとおりに一番上の選択肢を選ぶようにしながら進めると、初の3択。
お姉さんにバイオリンを習いたい妹から送り迎えを拒まれて一人で行かせると、レッスンの帰り道に妹が同級生に襲われ、妹に夜這いをかけられ、数日後妹は行方不明に。妹エロス。しかしバッドエンド。
ひとつ前に選択肢に戻り「妥協点を探る」と、レッスン後にお姉さんと妹で森林公園にピクニック?に行くという話になり、過保護を嫌がる妹とやっぱり喧嘩に。飛び出した妹を追う前にお姉さんに謝罪して追いかけ、自宅での選択肢は謝って仲直り。
翌日お姉さんとピクニックに行って楽しい時間を過ごした数日後、お姉さんは遠くの病院に入院してしまいました。家を訪ねるもお姉さんは既に引っ越したあと。手紙とバイオリンをくれたお姉さんを偲んで川原でバイオリンを弾く妹、見守る兄。トゥルーエンド。
このゲームは、一番上の選択肢を選んでいって一度バッドエンドを見たあとに一つ戻ってもう一方を選ぶとトゥルーエンドに行くというジンクスでもあるのか?まだ2回だけど。
一つ戻って自宅で意地を張って謝らないと、翌日妹は一人で出かけてしまい、お姉さんとは挨拶できないままお別れ。さらに戻って、お姉さんの家を飛び出した妹を急いで追いかけても、その後出た選択肢で謝っても意地を張っても翌日妹は兄貴を置いてピクニックへ。
2回出る二択を正しく選ばないと置いていかれ、4通りのうち一つが正解なわけだから不正解ルートは3通りあるわけですが、ここで、妹が朝作ったシュークリームを置いていったかどうかの文章があった場合となかった場合があったのですが、条件はよくわかりませんでした。
も一つ戻ってレッスンの送り迎えを意地でも毎日続けると、ある日迎えに行く途中謎の集団に拉致されてお祭りの翌日に開放。お姉さんとはやはり挨拶もなくお別れ。結果として三択は正解の一つを除いてすべて袋小路でした。
ここで、残るは一番最初の選択肢。
妹との散歩の途中で階段があり、そこを上ってみるか迂回路を探すかなんですが、この二択は、選択によってストーリー上の展開が変わる選択肢ではないのですが、最後の最後の展開の分岐の条件になっています。
上ってみても結局無理で迂回路を探すわけですが、終盤電話で別れを告げるお姉さんの家に急ぎ、先に出たのに家に来ていない妹を見つけられるかどうか。
一度上った場合はすぐに近道の存在を思い出して階段の途中で力尽きている妹を発見できるのですが、最初から迂回路を回った場合は妹の行方を見つけられないまま帰宅、事故で意識不明になった妹の枕元でお姉さんからの手紙を読んであげる兄…
「近道の存在を知らない妹は初めから迂回路を回ってお姉さんが出て行くところに会える」んじゃないかとも思っただけに、近道の存在を思いつかなかったのは兄貴の方か!wと。
そうだよなー、あれがもうトゥルーエンドだったもんなー。
恐らくトゥルーエンド以外のルートに行った場合はここの条件以外に特に展開が変わるようでもなさそうなので、何となく後味が悪いままw「双奏輪廻の章」これにて終了。
今までの展開に比べてやっとゲームらしいルートだったかなと。

これで、今まで出たルートはすべて選んだはずなのですが、新たなルートが出るわけでもなく。
さらに選択肢を一つ戻って放課後に新市街を案内してもらう話になったあとからもう1回。
黄泉比良坂編ではそこで予定通り新市街を案内してもらうか旧市街に行きたいと言ってみるかの選択肢がある(結果的に新市街になるんだけど)んですが、五色塚編では選択肢が出ずに新市街に行くことになります。
しかしそのあとに、「今度旧市街に行ってみよう」「近づかないようにしよう」の二択が新たに発生していました。
五色塚編の既存3ルートの特定のEDを見ると発生する選択肢らしいです。
ここで、前者を選ぶとたぶん櫛名田眠ちゃん中心であろう「月痕艶女の章」に派生。
もう一方は言うまでもなく今までのルート、バーベキューで鬼宿りの章か狼面宿儺の章かの展開に。

真実を告げる眠ちゃんの話を信じないでいると、職員トイレで担任の先生に襲われて「感染」し、病院の地下で軟禁生活。
信じた場合のルートを現在進行中。
サガ2発売までに終わるのだろうか…
2009-09-02

[2009-09-02]おおかみかくし

サガネタもなさそうなんでおおかみかくしの続き。

先週バッテリーが残り少なくなってから今日まで充電を忘れていて、4日ぶりくらいにプレイ。
五色塚編鬼宿りの章を全ED制覇しました。
鬼宿りの章に入ってからの選択肢は全部で3回ですが、ルート把握を最優先ですべて上の選択肢を選択。
なんか豹変した五十鈴ちゃんに刺されちゃったよ?
っていうか包丁隠し持って恋人をデート?に誘ったんかい。
ED後、システムデータをセーブしたあと1つ選択肢を戻ってもう一方を選んだら、五十鈴ちゃん最後に自我を取り戻して自害、多分これがトゥルーエンド。
トゥルー扱いのEDはスタッフロールの背景が赤く(バッドは青)、流れる音楽も謎を残した感じではなく穏やかで少し明るめになります。
選択肢はどこも二択のようなので、1つずつ選択肢を遡ってもう一方を選んでいけば最終的にすべてのルートを制覇することになるわけですが、最初と2つ目の選択肢は、もう一方を選んだらそれほど読み進まないうちに大きな展開もそれ以上の選択肢もなく訳わからず襲われて終了。
選択肢が絡み合って…的なものではなく単純な分岐で、なんかちょっとやっつけというか、とりあえず選択肢は作っておきました的なバッドエンド回収…
この章はすごくルート把握が簡単です。

鬼宿りは全部埋めたようなので次はさらに選択肢を1個遡って、学校の帰りに誘いを断って妹を迎えに行き、「双奏輪廻の章」へ突入。
妹のマナが中心となる章らしいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。