--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-01-21

[2012-01-21]サガ

噂の(?)今週のファミ通の河津神をやっと見ました。
ロマサガ20周年ということでロマサガ開発当時のことを答えてたり。
サガって北欧伝承の叙事詩的な意味は本当にまったくなかったんですね…

それにしても最後の質問、「サガシリーズの新作は?」じゃなくて「ロマサガ4は?」なんですね…
…単にロマサガ20周年というだけで他意はないのだろうか。
じゃあ、2007年(サガフロ20周年)には、「サガフロ3は?」なんて質問を果たしてするだろうか。
この手の話が出てくるとき、サガ4でもサガフロ3でもない、なぜ決まってロマサガ4なんだろう。

twitterで軽く触れるだけのつもりが打ち込んでたら思いのほか長くなってしまったので、いい機会なので以前からずっと引っかかり続けていることを軽くまとめます。
あまり楽しい話ではないです。


自分にとってサガはサガでしかないので、サガフロンティアという作品があるのにロマサガ4を望むファンの気持ちというか、その発想が出てくること自体が理解できない。
ロマサガ4を望むということは、要はサガフロ以降のゲームには納得していないということ…ですよね。
でも、サガフロ以降の方がより最近作られてるはずなのにロマサガ4を望むという行為自体、
『そのタイトルでさえあれば自分たちが気に入るゲームが出来上がってくる』と信じているということだろうか?
つまり、ロマサガ4を望むという行為そのものが大きな矛盾なのではないかと。

以前光の4戦士のティザーサイトが、すわロマサガ4かと騒がれたことがあった。
個人的にはどうがんばって見ても、ロマサガとも他のサガのイメージとも思えなかった。
サガフロ2やワイルドカードは割とやわらかいグラフィックだったけどそういうのとも違う。
日々ロマサガ4への期待が一部で盛り上がっているのを見て、違和感と、頼むからこれをロマサガ4とか言わないでくれ、と必死で祈っていた。
マイノリティーここに極まる。
真相が明らかになったときその人たちの間ではズコー祭りだったけど、それまではアレをロマサガ4と信じていたということですよね。
この人たちは、ゲーム内容とか本当にどうでもいいんだな、タイトルしか見ていないんだな、と思ってしまった。
あれがもしロマサガ4というタイトルだったら、とりあえず持ち上げてありがたがるんだろうか。
それとも、あれだけ待望したタイトルであるにもかかわらず、気に入らなければ「こんなのロマサガじゃない」とか言うんだろうか。
「ぼくのおもいでのなかのすばらしいロマサガ」から外れたものは、公式すら否定する。
(以前アマチュア演奏会の動画に「イトケンよこれがロマサガだ」ってコメントがついていたのを見て、心底がっかりしたのです…自分も贔屓にしている団体だったから特に)
彼らにとってのロマサガの定義って何?と思ってしまう。
どうにも一部のロマサガ信者というか、ロマサガ至上主義みたいな人たちにはいい印象を持てないので、穿った見方をしてしまうのかもしれない。
他をsageてロマサガを持ち上げるとか、そういう行動を見るのがロマサガ信者ばかりだから。
ロマサガ信者だからとかでなく、個人のマナーや常識の問題だとは思うのですが。

サガ2、3とリメイク再評価された流れで今こそGB版の流れを汲んだサガ4を!とか、ロマサガ4でもサガフロ3でもいい、新作がプレイしたい!とか、そういう意見を見ても気にならないのに、なぜロマサガ4を望む人は理由も挙げずに一言、ロマサガ4!なんだろう。明確に理由を述べているのを見たことがない。
自分の意見が他のファンの総意とでも思っているかのような違和感を覚える。
人によって、これがどうしても受け付けない的な「地雷」というものがあると思うんですが、自分にとっては「ロマサガ4」というワードが地雷なんだろうな…見聞きするたびにモヤモヤする。
彼らとは同じファンであることに変わりないはずだけど、たぶん永遠に分かり合えないと思う。

自分がこのシリーズを好きになったのはロマサガがきっかけだし今でも好きだけど、ロマサガこそが至高、SFC時代のロマサガ3作のみが飛び抜けて素晴らしい、とも思ってない。
ロマサガをきっかけにそれ以降とGBに遡ってプレイもして、どれもいいところも悪いところも、好きなところもどうかなと思うところもある。ロマサガだけが優れている部分が多いとも思わない。
そのインタビューにもあるように、そのとき作りたかったものがそのときの新作になるんだと思うので、ロマだろうかフロだろうが正直どうでもいい。
河津氏がそのとき作りたいと思った新作ならば、いっそサガというタイトルですらなくていい。(ただの信者乙)


私はもちろん、河津氏の新作が出たらとりあえず持ち上げてありがたがりますが!!(よし、オチがついた)
(マジレスすると、普通にプレイして面白かったところもダメだったところもちゃんと言います…)


【追記】
いまさら補足。
書いた後に思い出しましたが、そういえばロマサガMSアルティマニアでのインタビューだったか、ロマサガ2のリメイクは作らないのかという質問に対して、ロマサガ2をリメイクするくらいならロマサガ4を作る、と答えたのが、覚えている限り公式でロマサガ4という言葉が出た初めてだったかと。
河津氏は割とその場の流れでリップサービスのような発言をする人と受け止めているので、この発言は単純に、「次回作はリメイクより新作を作りたい意欲がある」くらいの意味で捉えていたのですが、「河津氏は『ロマサガ4を』作りたいと思っているんだ」と「ロマサガ4であること」を重要視する人をちらほら見かけたし、サガ3sol発売時の電撃ゲームスのインタビューでも「死ぬまでにロマサガ4にあたるタイトルを作りたい」というインタビューにも、同じくロマサガ4という単語に反応している人を見かけて。
この発言以前も、すでにサガフロが発売しているのに「ロマサガ4を」という要望は確かにあった。
自分にとっては根っこは同じ「サガ」というシリーズで、彼らにとっては「ロマサガが終わって別のシリーズが始まっている」という捉え方なのかの違いなのはあると思うけど、「ロマサガ」という存在はそこまで絶対的なものなんだろうか、と不思議で仕方ないのです。

もう1つ不快な話を思い出してしまった。
去年のイトケンのライブのあと、ある掲示板でのライブの感想を書き込む流れの中で、「『決戦!サルーイン』はロマサガバージョンだった?ミンサガバージョンだった?」という質問に対して「残念ながら」というレスがついていたっけ。
「ミンサガバージョンだった」じゃダメなのか?
なんで「残念ながら」なんだ。
「(SFC時代の)ロマサガ(のみを崇拝する)信者」に、悪いイメージばかりが積み重なっていく…
スポンサーサイト
2012-01-08

[2012-01-08]太田光宏~はあとのおと Vol.4~@南青山:MANDALA

「はあとのおと Vol.4」に、行ってきました。
http://utamonoguitarist.cocolog-nifty.com/diary/2012/01/vol4-9012.html
http://utamonoguitarist.cocolog-nifty.com/diary/2012/01/vol4-7a4e.html

はあとのおと Vol.4はあとのおと Vol.4

前回のイトケンとのコラボで行ったのが2009年3月だったので、もう3年近くぶり。
ニコリンチョは今回はどうやら来てなかった。別にゲームネタもないしブログを書く必要もないしなー。

はあとのおと Vol.4はあとのおと Vol.4
前回は名物(?)のカレーを食べましたが、2回目なので別のものを…とオムライス。
はあとのおと Vol.4
鶏肉が思いのほかごろごろ入っていてなかなか豪華でおいしかったです。

イトケンは1部から登場。
今回はゲーム曲を演奏するようなことは一切事前に匂わせていなかったので演奏される可能性はほぼないと思っていました。
案の定、ゲーム関係の演奏はなし。
ロマサガのイトケン…という紹介のときに、ピアノで一瞬曲を弾こうとする振りをして「ってできない(申請してないので勝手に弾けない)から!w」とふざけたり、その流れではがないのロマサガ回の担当をした話などがちょこっと。
パロディやるならじゃあ本家を呼んでやってもらおう、ということでその話だけイトケンに振られたのだそうで。
太田さんが「セルフパクリ?w」と言ってましたがそれを言うなら「セルフパロ」でしょうwイトケンが言い直してましたがw
パロディをやるに当たってスクエニにもお伺いしたとか何とかいう話もしてたような?

演奏は昭和の歌謡曲中心に。
ゲームのげの字もないラインナップでしたが、それでもちょっと懐かしくてよかったです。たぶん世代ドンピシャじゃないけど。
1部ラストは小泉今日子の「木枯らしに抱かれて」。
これも良く覚えていないけどすごく好きだったのは覚えてる!
せーつーなーいー片思い、あなたはきづかーなーいー
サビと、「泣かないで恋心よ」のところが印象的でそこだけ覚えていました。こういうタイトルと歌だったんだ…
THE ALFEEの高見沢さん作詞作曲なんだ!今知った!

2部で出てきたみとせのりこさんは、自分はアルトネリコで知りました。イトケンも3に1曲だけ関わっているし、何かやってほしかったなぁ…(みとせ曲じゃないから結局関係ないけど)
イトケンの出番は1部で終了、最後の最後に挨拶のみ。

7・8日のスクエニコンサートがS席8,500円で休憩入れて2時間、今日のライブは3,200円で19時に始まって終了22時半…
同じ比べ方をするのは違うのですが、金額のコスパを考えてしまうと、昨日のコンサートはやっぱりボリューム的にはちょっと物足りなかったような印象も。
なんか前回もコスパの話をしたようなw
3部構成だけあってボリュームのあるライブでした。
2012-01-07

[2012-01-07]Symphonic Fantasies Tokyo - music from SQUARE ENIX

「Symphonic Fantasies Tokyo - music from SQUARE ENIX」7日公演に、行ってきました。
http://www.square-enix.co.jp/music/sem/page/symphonic_fantasies/

Symphonic Fantasies Tokyo
今回演奏される中でろくにプレイしたことがあるのはFFくらいだったりします。
サガがあれば2日間とも行ったかもしれないんですが、1日だけでいいかなと。
Symphonic Fantasies TokyoSymphonic Fantasies Tokyo
物販ではパンフレット売り場とCD売り場がありました。
CD、50種類以上もあったとか、twitterで見かけました。FF:Uのサントラもあったそうですね。なつかしいw
大行列だったんですが、並ばなくても全部ネットで買えるよね?と思ってしまって並びませんでした。欲しい物は元々大体持っているし…
パンフは2日目の休憩中?くらいに完売したそうです。
ちなみに中身は作曲者とゲームタイトルの紹介などがフルカラーで載っていました。
こういうの見ると、サガシリーズだけないのが改めてちょっと寂しくなります。

演奏自体はとても良かったです。
特に聖剣2の、雷のような効果音や、水の泡?のような音など、演奏者が楽器や身体を叩いたり、口をパクパクさせたりして全部出してる。すごい。
演奏曲は前もってチェックしていなかったのですが、呪術師もやるとは思わなかった。トラウマになりそうな不安感!
バトル曲、特に子午線の祀りはバトル曲っぽくないバトル曲なので、ないのはちょっと寂しく思いましたが、アンコールで演奏されました。
KHはまったくの未プレイなのでわかりません。
クロノも未プレイなのですが、各コンサートや演奏会でよく聞く曲はあるので一応聞き覚えはあったり。

全体的に、旧スクウェアファンホイホイな内容のコンサートだったと思います。
それだけに、サガシリーズだけがないのが寂しい…!!
元は海外向けのコンサートで、サガは海外では人気がない(特に人気のSFC版ロマサガは、海外ではリリースすらされてない)ので、ラインナップされてないのはわかるんですが…サガだけ、と言っていますが半熟もそうですね。

開演直前に、外国人中心の集団が、中央ブロック6~7列目にぞろぞろと入ってきました。
お互いに挨拶しあったりして明らかに関係者。
休憩中、近くに行くと…菊田氏と光田氏発見。サインペンが書けるかチェックしているうちに席を立って見失ってしまった…
アンコール前に舞台に立ってコメントを述べた後そのまま舞台袖にはけたので、終了後に突撃することも叶わず。

東京メトロの駅から来ると、メインの入り口よりも楽屋口に先にぶち当たるので、出口は把握済み。
終了後、寒さと、早々に帰ったのではないかという不安と、休憩中に突撃しなかった後悔と戦いながら、待つこと約30分。
光田氏が出てきました。
駆け寄って、サインをいただきました。
ねんがんの みっちゃんのサインをてにいれたぞ!
露出が多そうでいて意外とレアなんですよねぇ。

twitterでもpost済みの話ですが、待っている間、近くにずっと中東系の外国人がたたずんでいました。
パンフレットを持っているので観客にしか見えないけど、ちょっとファン層のイメージとは違うので不思議には思っていました。
光田さんからサインをもらうのを見てその男性もMYSHのブックレットにサインを求めていました。おお、本当にファンだ!
デジカメを取り出して私に2ショット写真を撮ってくれとたぶん言ってるようなのでカメラを構えると、そこに菊田氏が通りがかり、光田さんが呼び止めて、3ショット写真を撮ってあげました。
浜渦氏も通りがかってましたが、菊田氏と浜渦氏はすでにサインいただいているので十分。
件の彼は菊田さんからも聖剣2サントラのブックレットにサインをもらっていました。準備良すぎる。
光田さんの後日の発言によると、サウジアラビアの方だったそうで。どうやって意思の疎通したんだろう。
日本のCD持ってたりチケット取ってコンサートに来てるのもすごいけど、そもそもどうして日本のゲーム音楽のファンになったのかと考えるとすごい。
2012-01-03

[2012-01-03]雑記

初詣に行ってきました。
初詣
ここ数年は毎年浅草の浅草寺。
とはいえまだ混んでて慌しいお参りなんですが…

古いお守りを返して、新しいお守りを買って。
おみくじは大吉でしたヤッター。
災いは取り除かれ、名が(いい意味で)知れ渡ったりするのだそうな。いい意味で、ってちゃんと注釈のようなものがついてるw
まぁ別に名前は知れ渡ってくれなくていいですが、いいことが書いてあるのはやっぱり気が紛れて単純にうれしい。
初詣

大通りの店でうずら型カステラ焼きを買った後、浅草から秋葉原まで歩いて、芦田豊雄回顧展に行ってきました。
http://www3.ocn.ne.jp/~indoli/kaikoten/
2日まで休館日だったそうで、遅い初詣になってしまったと思いましたがこの日に行ってよかった!w
芦田豊雄 回顧展芦田豊雄 回顧展
芦田アニメとの出会いはワタルの翌年のグランゾートでした。
ワタルやグランゾートでいわゆるショタとかやおいとかに目覚めたお姉さん方も多いそうですが、自分は当時もそういう目では見ておらず、未だにそういう感情はないのですが、今まで何も考えずに純粋に内容だけしか見てなかったアニメを違う方向から、声優やスタッフなどの名前を注意して見るようになったきっかけのアニメでした。
会場でビデオメッセージが流れていましたが、その中の一人林原めぐみさんがグリグリとエヌマの声を担当してることに、当時はすごくびっくりした。
その後も本放送や再放送でワタル2、トンデケマン、バイファム初代と13、初代ワタル、ガラット、超ワタルなどなど。
ワタルとグランゾートは特に好きで、そういえば初めて買ったサントラはグランゾートだったかもしれない。ピアノ楽譜も買ったっけ。
サントラだけに入ってるイメージソングとかも歌えるよ!w
初代ワタルはリアルタイムじゃないけど、STEPは口ずさむだけで涙が出てくる…なんか1枚のCDにachi-achiバージョン、林原めぐみバージョン、ファンのコーラスバージョンとか入ってるのもあった記憶が…ww

回顧録も販売していましたが毎日販売数が決められているそうで、当然その日分は終了。残念だー
展示を見回って、ビデオメッセージを一周見たら閉館時間でした。
コミケ4日目…というか6日目でもしようかと思いましたがかなり遅い時間になってしまったのでこれのみで断念。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。