--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-02-22

[2009-02-22]II魂(ツーコン)発表会2009 レポート

「II魂 発表会2009」に行ってきました。
http://ii-con.net/

500人規模の会場ということで、リトルジャックやコスモスカイでの経験から開場30分前に到着予定でもまだ間に合うか心配だったのですが、開場時間まで行列が出来るでもなくかなり席には余裕がありました。
開演ギリギリでも十分どころか、第1部と第2部の間の休憩時間に違う席をあちこち座りなおせたほどです。
たまたま座った席の近くのグループの話し声が気になったので大変助かりました。
演奏中の私語はNGというのは常識でも、MC中の私語がOKかどうかは個人の裁量というか価値観によるんですよね…

人数は10人ちょっとくらいでかなり小規模。
登場して楽器を持ってスタンバイ、目でコンタクトを取り合って演奏開始。
この楽団は指揮者がいないらしく、曲も割と唐突に終わることが多いので、終わったのかどうか拍手をするタイミングを掴めないまま次の曲の演奏が始まってしまう、といったことが数回ありました。

プログラムの表紙のイラストになすびを持った死神のキャラがいたのでもしや!?と中を見ると、1曲目に昨日聴いたばかりの「パルテナの鏡」が。
今回の演奏会でサガ2の演奏予定が決まった後にDSへの移植が発表されるという偶然がありましたが、イトケンが初めてプレイしたゲームでもありスマブラXでアレンジを担当した「パルテナの鏡」がプログラムの一番初めに演奏されるというもう一つの偶然。
こうしてイトケンに深い関わりのある曲がプログラムの最初と最後を飾ることになるとは。
団長さんがスマブラXでアレンジされていることには触れていましたが、恐らくイトケンだとは知らないんじゃないかと。
前日のイトケンライブにいった人はこの中にいるのかな…と一人で内心にやけてしまいました。

前日パルテナを聞いたくらいで、いつものように知っているタイトルはサガしかなかったわけですが、魔城伝説IIと伝説の騎士エルロンドがなかなかかっこよく個人的にツボでした。

サガ2の全曲演奏はサントラの曲順とは違い、また曲によっては必ずしも1回のみの演奏ではなかったりしましたが、「新しき神のテーマ~死闘の果てに~あっ!!~涙を拭いて」とアポロン戦を再現したりなどこだわりの感じられる変更もされていました。
ラスボス周辺も、段階ごとにBGMが変わるのを再現するため結果的にバトルメドレーに。
Save the worldの中に燃える血潮のメロディが紛れ込んでいたなんて、もう何度も聞いているはずなのになぜ今まで気づかなかったのか…orz

プログラムのイラストは三味線の担当の人が描いたらしいです。
三味線なんて(それなりに)マイナーな楽器も弾けて絵まで描けるなんてどんな完璧超人ですか。
構想などは年が明ける前から練っていて、全部描きあがるのに70~80時間くらいかかったそうです。
プレイヤーキャラと敵側のキャラが左右に向かい合う構図はディシディアFFを意識したそうで。
そんな力作のプログラムは、自分で広げたのとは別にきれいなのが欲しかったので帰りに3~4枚余分にいただいてきました。

サイトには「演奏自体は結婚披露宴の出し物レベル」と書いてはありますが、ゲーム音楽ファンが気軽に楽しむには十分。
この日は体調不良により欠席した団員さんがいるそうで、その人が書き起こしたRPGツク~ル3にいたっては、演奏者も聞く側も誰一人として知らない曲を演奏する、という前代未聞の事態もありました。(それともこの楽団には珍しいことでもなかったりするんだろうか)
来場者は60人ほどだったそうで、前回40人くらいと言っていました。
500人規模の会場でなくてもう少し小さい開場の方が距離感が近くなるというか、一体感的なものが出るんじゃないかなーと。
リトルジャックなどの大きな楽団とは違う、まったりした、いい意味でゆるい雰囲気をこのまま保っていってくれたらいいんじゃないかと思います。

プログラムには他のアマチュアゲーム楽団のチラシが3枚。
演奏予定曲にロマサガ3が入っていたのでここのみチェック。
http://www.gameband.net/
忘れないようにしよう。

帰りに南青山MANDALAに寄って、この日発売の3月30日のライブの前売りチケットを購入。
私の2人前に並んでいた人もこのチケットを買いにきたようで、「どなたかお目当ての方はいらっしゃいますか?」という質問に「伊藤賢治さん」と答えていました。…もちろん私も同じように答えました。
イトケンがサイトに書いていた名物のカレー、食べられるようなら食べていってもいいなぁと思っていたんですが、早い時間帯は恐らくライブチケットを持っている人しか入場できないふいんき(ryでした。
当日は食べれるといいなぁ。
11月の犬耳家親族会議では、会場内はテーブルもなく椅子でぎっちりで何か食べれるような余裕なんてなかったのですが、3月のライブの会場はどんな感じになるんだろう。
店のサイトにも定員数が書いていないし、チケットに書かれていた数字も自分が何人目かなどが分かるようなものではなかったので。
チケットがはけた枚数によって当日のレイアウトが変わったりするのかな~。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。