--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-02-01

[2010-02-01]サガ

睦月さんが去り、如月さんと月曜日さんが同時にやってきました。
サガ2アンソロジーコミックもおうちにやってきました。
雨は夜更け過ぎを待たずに関東でも雪が降りました。
東京では2回目らしいのですが、見た覚えはないので事実上の初雪。

濡れたりすると嫌なので雨の日に本なんてあまり買いたくないのですが、結果的には早めに買っておいてよかったかも。翌日は翌日で雪の中を買いに行くのは骨が折れそうなので…って書くと物理的にな意味にも取れそうだなぁw
購入した書店では3冊、参考までに帰りに寄ったもう1箇所では1冊。やっぱり入荷数は少なめなのでしょうか。午後でしたが自分の前に買った人がいるとは考えにくいかなと…w

内容ですが、ちゃんとゲームのシステムやストーリーをいじったものもあり、このノリは同人誌でやってほしかったかなと思うものも一部あり…どうも自分自身が同人的な価値観でものを見る部分があるせいか、商業ベースでのアンソロジーコミックを評価する際には「同人」という概念のない一般のゲームファンにも薦められる内容かどうか、という目線で見てしまいます。
同人的なものはあまり普通の人の目からはちょっと隠したい気持ちが常にあるので(実際毛嫌いする人もいますしね)ちょっと過敏になっているだけかなぁという気もするのですが。
プレイしていてのあるあるネタとか、普通の人が読んでも楽しめる内容だと思います。

ゲームのアンソロといえば、一番有名なのがドラクエ4コマなんでしょうね。
ドラクエ厨だった頃は、1巻からずっと集めてました。
普通に同人っぽい内輪な雰囲気などは全くないイメージだったけど、考えてみたら、一部にはそれ以前の、知られざる伝説とか読んでいないとわからないネタとかあったなぁ…栗本さん懐かしいな。
ドラクエ5を最後にプレイして6以降プレイしていないのでだんだんネタがわからなくなって集めるのをやめてしまい、気がついたらシリーズの刊行が終わっていました。

サガ2アンソロではネタかぶりも若干見られたので、アンソロなどではネタがかぶることもよくあるけど、ドラクエではそういうネタがいつしか公式みたいになっちゃったよなぁ、という話に持っていこうとしたらWikipediaのドラクエ4コマの項でも既に触れられていました…

http://ja.wikipedia.org/wiki/4%E3%82%B3%E3%83%9E%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%AC%E5%8A%87%E5%A0%B4
ドラゴンクエストシリーズに関しては、4コマ漫画劇場の中で「定番ネタ」として用いられたキャラクター造形や設定が、ファンの間で共通認識となり、中には後に制作されたリメイク版で逆輸入する形で公式設定になった例も多い。『IV』では特に顕著で、リメイク版で公式設定になった「アリーナに片想いし、戦闘ではザキ系の呪文ばかり使うクリフト」「カジノ狂で酒豪のマーニャ」などは、4コマ漫画劇場の影響が色濃く見られる。

「アリーナに片思いしているクリフト」なんて、FC版ではそれを匂わせるセリフが一言しかなかったんですけどね。
それだって、恋愛感情ではなくて神官として一国の姫の身を案じているだけとも取れる表現でしたし。
公式の小説ではめちゃくちゃな理由をつけてアリーナに夜這いをかけるキャラになっていたし…orz

そいえば魔界塔士のチェーンソーも、ファン同士のネタから公式になっちゃいましたけどね。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。