--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-11-20

[2010-11-20]MeloHolic Live ~Game,Anime×Classic~ レポート(暫定)

「MeloHolic Live ~Game,Anime×Classic~」に、行ってきました。
http://www.meloholic.net/
Meloholic
最近行ったあちこちのアマチュアゲーム音楽演奏会で配布されていたチラシ群にここのライブのチラシも挟まっていて、ロマサガ3よりポドールイを演奏するということだったので。
2083の方にはわりと最近まで捕捉されていなかったのですが今確認したら入ってました。
会場の入り口がわかりづらく一度通り過ぎて原宿まで行ってしまったりしてちょっと迷いましたが、開場時間後でも十分いい席に着けました。

このユニットは、たとえばハルヒのテーマ曲「ハレ晴レユカイ」と「パッヘルベルのカノン」を組み合わせた「ハレ晴レカノン」など、アニソンとクラシックを組み合わせてアレンジした曲やゲーム音楽などを主に演奏する、女の子二人のユニット。
ゴスロリファッションに身を包んだ、一見かわいらしいオタクの女の子たちがアニメやゲームの曲をクラシックと混ぜて演奏するというのがウリ?みたい。
ピアノの猫娘。さんが、いまどきまだいるんだ…!!と思うほどの、女オタク丸出しの言動でちょっと引きましたが、演奏の腕は確かなようです。パワーのある演奏でした。

個人的に気になったのが、彼女らは演奏される曲やタイトルに対して、曲によっては特に思い入れなどがあって演奏しているわけでもなさそうだということ。
前半、聖剣LOMを残して一通り演奏した後にMCで一気に演奏曲の解説をしたのですが、「もののけ姫」のときなどは、「話すこと何かあったっけ?」というような会話なども。
後半の部、「魔訶不思議アドベンチャー」と「アルルの女」の「ファランドール」を組み合わせた「魔訶不思議ファランドール」の際には、「アレンジした楽譜を初めてもらったとき~」という話をしていたので、アレンジやそもそもの選曲すら彼女たちによるものではないっぽい?
まぁ、入場料を取っているくらいだしあちこちイベントや放送などに出演しているということは、アマチュア演奏会と同等ではなくプロの演奏として見た方がいいだろうと思うので、愛や思い入れが感じられなくても聴かせる腕があれば別にいいかなと。
あとMCでのまめちしき、本来「摩訶不思議」の「摩」は「摩擦」の「摩」なのですが、このDBのOPのタイトルは「魔法」の「魔」を使っているんだそうだ。
これは知らなかった。
ファランドールは個人的に大好きな曲なのでこれだけは単体で聴きたかったかもしれない…

前半最後の聖剣LOMは、アンサンブルゲームクラシカからゲストを迎えてチェロを加えた三重奏。
入場のとき、プログラムと一緒に唯一EGCのチラシをいただいたのはこういう関係だったのか。
15分間の休憩中にはカウンターでお茶も飲めました。15分より長かったような?

後半にはロマサガ3のポドールイが演奏されましたが、前回5月のライブでロマサガの曲をというリクエストがあったとのことで、今回の選曲になったそうです。
バイオリンのあかりんごさんが、携帯を機種変更してもそのたびにダウンロードしてメール着信音にしているほどのお気に入り曲だそうで。
いくら割り切ってもやっぱりまったく思い入れがなかったりしたらやっぱり内心がっかりしたかもなぁ。

FF7のメドレーは、片翼の天使から、ピアノソロ。途中からバイオリン参戦。
これの前にもMCを長めに取っていて、やっぱり演奏はかなり体力を消耗するっぽい。
TBMのライブを思い出してしまった自分…

アンコールはけいおん!のED…だそうでしたがまったく知らない曲。
ピアノも立って演奏していました。そうか、キーボード的な演出だったのか…

今回のライブにチェロでゲスト出演した方が所属する「アンサンブルゲームクラシカ」の演奏会が、来月にあります。
http://egc.txt-nifty.com/blog/2010/09/ensemble-game-c.html
平日なのが難しいところなのですが第2回で演奏したサガフロ2メドレーを再演します。

いまやゲーム音楽を演奏するアマチュア楽団は沢山ありますが、ここは本当におすすめです。ここは本当におすすめです。
大事なことなので2回言いました。(まぁ正確には完全なアマチュアでは…ないよね)

動画サイトに演奏もUPされているのでご参考にどうぞ。ロマサガメドレーがすごいぞ!
http://egc.txt-nifty.com/blog/2010/10/up-5bb8.html


上記ライブの会場が原宿だったのですが、その前に渋谷のパンティ&ストッキング展に寄ってきました。
http://www.joe-inter.co.jp/galaxxxy/pc/paswg.html
パンストについて、下ネタ耐性ある方はこちらなどを参照のこと。第1回分と最新分が無料で視聴できます。
http://ch.nicovideo.jp/channel/ch635
以下、むしろこっちの方が画像が多いので折りたたみ。

入り口から、先客がいて写真撮りまくり。
パンスト展パンスト展パンスト展
サイン入りポスターすげぇ。ボックスティッシュは1箱420円だったかな。

パンスト展パンスト展
オサレー!…かどうかは。お値段的にも自分には縁なし。
グッズは前述のティッシュ、パーカーとバッジ以外はたぶん全部売り切れ…かな?再入荷とかあるんだろか。
クリアファイルとトートバッグが欲しかったのに…!!
パンスト展
ガーターベルトとブリーフの顔の部分に穴が開いていて、観光地のアレ風に記念写真が撮れます。スタッフに言えば撮ってくれるそうだw

実写のモデルや台本、壁には設定画や絵コンテなどの展示。
パンスト展パンスト展
パンスト展パンスト展パンスト展
うまく避けたはずなのに取り込んだら他の人が写り込んでてちょっとショック。

パンスト展パンスト展パンスト展
コミック版の複製画?も。パンストとTAGROの親和性は異常。
サルガッ荘は昔Gファンタジー本誌で読んでたけど、管理人さんがジニー・ナイツにしか見えない思い出のマンガ。

自分用に表情などの設定画をちょっと熱心に撮影してきた。普通に設定資料集発売してくれれば買うんだけど。
パンスト展パンスト展パンスト展パンスト展パンスト展
パンスト展パンスト展パンスト展パンスト展パンスト展
作画崩壊シーンの絵コンテもピンポイントで展示してありますぜ!
パンスト展パンスト展
パンスト展パンスト展
設定資料集、発売されないのかなぁ…
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。