--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-03-31

[2009-03-31]Ensemble Game Classica(アンサンブルゲームクラシカ)第2回演奏会 レポート(追記あり)

「Ensemble Game Classica(アンサンブルゲームクラシカ)第2回演奏会 ピアノ三重奏で奏でるゲーム音楽演奏会」に、行ってきました。


前日に南青山から帰宅してHPが限りなく0に近い状態なのに更新作業とか頑張っちゃったりして、結局寝たのが明け方4時半過ぎ。
当日は6時きっかりに会場に向かいたかったのですが仕事の都合上ギリギリまで頑張ってから残りをやむなくバトンタッチ、会場に着いたのは開演10分ほど前の6時50分過ぎ。駅から会場までが考えていたよりも遠くて、道中は道を間違えてるんじゃないかと不安で内心涙目でした。


受付前を通ってもこちらが空気のようにスタッフの人は何の反応もなし。普通ならプログラムや他演奏会のチラシセットなどを渡してくれるものじゃないんだろうか。
ちょっと立ち止まって何か言いたげにしている自分を見て「どうしましたか?」と真顔で聞かれてしまい、(えぇぇー)と思いながらも何となく居たたまれなくなったのではぐらかすようにしてホールへ。
周囲を見るとプログラムを書いた紙や演奏会のチラシ、アンケートのセットを持っている人がほとんどだったのですが、数が足りなくなったんでしょうかね。
会場のサイトと演奏会後のブログによると、140席のキャパに対してパンフの用意は100部だったようです。
http://www.kcf.or.jp/tiara/hall.html#08
http://egc.txt-nifty.com/blog/2009/04/post-5f44.html
こういうのって座席の数だけ用意しとくものじゃないんでしょうか。
パンフレットと呼んではいますが印刷所を通したようなものではなくペラ紙へのコピーのようでしたし、コピー1枚10円としても数百円程度の差なんですが。


座席の方は9割がた埋まっていましたが前から1~2列がほとんど空いていた状態で、2列目の中央をゲット。
この分だと定時に上がっても暇を持て余しそうだったし、時間的には十分だったかも。トイレに行く余裕はありませんでしたが…


第1部のゲーム音楽パートのプログラム。
1.クロノトリガー・ゼノギアスより
2.サガフロンティア2より
3.かまいたちの夜より
4.レトロゲームメドレー


「ピアノ三重奏」とは「ピアノの入る三重奏」という意味だそうで、ピアノ、バイオリン、チェロの3人での演奏。
三重奏、つまりたった3人しかいないのに、音もよく響き緩急織り交ざった迫力のある演奏でした。ちなみに演奏中はマイク等もなし。
出演者と観客数に適した収容人数の会場と、自分の座った席もよかったんでしょうか。
先月行ったII魂も、このぐらい規模のの会場だったら散漫とした印象を受けることもなかったんじゃないのかなぁ。


目的はもちろんサガフロ2ですが、実は好きなかまいたちの夜もこっそり期待、という状態でしたが、レゲーメドレーが思いのほか良く満足でした。


クロノ・トリガー&ゼノギアスはわからないのでパス。
クロノも割とプロ・アマ演奏会でいろいろ聴きますが、ゼノギアスはあまり見ないですね。
メドレーだとトリガーとクロスがセットになることが多いように思います。
曲リストを見ると、あまり今までの演奏会では見たことがなかったような曲も混じっていて、ファンには嬉しいところだったんじゃないのかなーと。


今回の選曲や開催日と関係があるのかは分かりませんが、考えてみたらこの日はサガフロ2発売10周年の前日でした。
個人的に、浜渦氏の音楽は弦楽器と相性がいいと思っています。
さらに、オーケストラよりもイメージとしては室内楽、特に今回のような三重奏はぴったりだったんじゃないかと。
サガフロ2弦楽四重奏なんてのも聴いてみたいなぁ。


自分的にはサガフロ2といえば真っ先に思い出すメインテーマ的な曲の、中盤メジャーからマイナーに転調するあたりでは、ギュスターヴの歩んだ人生や想い、周囲を取り巻く人のドラマなどが思い出され、胸に迫ってぐっとこみ上げてくるものがありました。
あれ?私結構サガフロ2好きだった?


サガフロ2の場合は同じモチーフをアレンジで違う曲扱い、というのが多いこともあって、音楽を聴いただけでサントラ何番のこのタイトル、というのが実は私はわかりません。
さらにサントラに収録されているタイトルがドイツ語ということもあって、どのシーンやバトルと対応するのがどの曲か、まったく覚えていられません。
なので…ブログにぜひメドレー曲のリストをアップして欲しいんですが…
アンケートに書いたのを反映してくれたのかは分からないものの100部しか刷らなかったというプログラムは演奏後にアップされたようですが、サガフロ2とかまいたちも内訳を知りたいなーと…
クロノ&ゼノメドレーは元々プログラムに掲載、第1部終了後に公開されたレゲーメドレーのリストも後日ブログに掲載されていたところを見ると、サガフロ2とかまいたちの曲目掲載はやっぱり無理なんでしょうかね~。


かまいたちも今回楽しみにしていたプログラムだったのですが、プレイから何年も経ってかなり忘れていることと、宝探し編がメインだったらしくそこまでプレイしていない自分はほとんど聞き覚えのある曲がありませんでした。
一番印象に残っているのはやはりタイトルの寂しげな中に不気味さが宿るあのテーマなんですけどね。
思い出したらまたプレイしたくなってきました。


そして、演奏中にはっきり分かった曲がたった3曲だけだったというレゲーメドレー。
冒頭は紛れもなくドラクエのロトのテーマ、FF2の反乱軍のテーマ、そして最後に必殺の一撃が。
MCで、SFCやFCから~というようなことを言っていたのでGBが入っているとは思いませんでした。
サガフロ2目的で来ましたがこっちのメドレーでもサガが聴けるとは何たる僥倖。
我ながら分かりやすいなぁと思いつつもついつい頬が緩みます。
先日のII魂といい最近サガ2を耳にする機会が多いようにも思うので、TBM2ndライブ川崎公演1日目に行っていない自分としては、今度gentle echo meetingが行われるならイトケン演奏のピアノでの必殺の一撃をぜひ聞いてみたいものです。


メドレーといってもロトのテーマは冒頭のファンファーレだけだったものの、他は1タイトルにつき最低でも2コーラス分の長さはある感じで、かなり丁寧に演奏されているように思いました。
その分、思い出せそうなのに思い出せなくてのた打ち回りそうな曲はもやもやしている時間がさらに長く感じるという…
休憩中にロビーに貼り出された曲リストであっさり分かってしまいましたができれば自力で思い出したかった…(笑)


あああぁあれはドラえもんだったかぁ…開拓編だったらすぐに思い出しただろうに…とw
でも魔境編のあれは確かにいい曲。


15分の休憩を挟んで第2部はメンデルスゾーンのピアノ三重奏曲第一番。
ゲームはプレイしたことがなくても何となくイメージが湧きますが、クラシックはタイトルだけでは分からないので、やっぱりプログラムの解説などを読みながらの方が曲に集中できたのかもしれないと思いました。


開演7時ですべてのプログラムが終了したのが9時前。
前日が3時間ほどの長丁場だったので、体力的な負担もなく(笑)楽しむことができました。
演奏会の規模から、正直あまり期待していなかった、という言い方は変なのですがかなり軽い気持ちで行ったので、上でも述べましたがたった3つの楽器でこんな迫力のある演奏を聴けて思いがけず満足できた1時間半でした。


※追記
後日のエントリにて、当日の演奏がアップされていました。
http://egc.txt-nifty.com/blog/2009/04/post-098f.html
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6614482
ブログの方には曲目は載りませんでしたが、動画の方でアレンジ&チェロ担当のうp主本人が曲の解説をしてくれていました。ありがたし。
イベントのページを、2月のII魂や3月のコスモスカイのリストもまだなので今度まとめて更新しておこうと思います。
録音されたものをこうしてアップしていても、改めて聴いてやっぱり生はいいなぁと思います。


1.Thema
2.Erfolg
3.Interludium
4.Unmacht
5.Ruckerinnerung
6.Botshaft
7.Ovation


6について動画内では、「botchaft」と書いてあるのだけれど、「botschat」の間違いであると思われる、というコメントがついているのですが、サントラではそのどちらでもなく「Botshaft」になっていましたので、一応こちらで掲載します。


でもぐぐる先生に「Botshaft」を問い合わせると


>もしかして: Botschaft


って言われるんだよなぁ…


どれが正しいんだよ!!


http://egc.txt-nifty.com/blog/2009/04/post-5f44.html
コメント欄によると、入れなかった人もいたみたいですね。多少の不手際もあったようです。
私は開演10分前で座れたのですが、ちょっと遅かったら危なかったかも?
私の両隣は空席だったのですが、予約をしておいて来なかった人も確かにいたっぽいです。
コスモスカイは確か消防法を理由に立ち見は禁止となっていたのですが(第1回演奏会では入れなかったうちの一人がスタッフに食って掛かっていて揉めているのを休憩中に見ました)、この会場はどうだったんでしょう。
最後に立ち見で入れたようですが最終的に立ち見OKになるなら初めからしてほしかったという意見も分かります。
せっかく聴きに来たんだからと思って目的外の第2部まで見ていきましたが、入れなかった人がいると知っていたら、最後まで居ずに第1部で帰った方がよかったのかな…?整理券云々が理由でそこでも入れなかったそうだからあまり意味ないかな?

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。