--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-01-07

[2012-01-07]Symphonic Fantasies Tokyo - music from SQUARE ENIX

「Symphonic Fantasies Tokyo - music from SQUARE ENIX」7日公演に、行ってきました。
http://www.square-enix.co.jp/music/sem/page/symphonic_fantasies/

Symphonic Fantasies Tokyo
今回演奏される中でろくにプレイしたことがあるのはFFくらいだったりします。
サガがあれば2日間とも行ったかもしれないんですが、1日だけでいいかなと。
Symphonic Fantasies TokyoSymphonic Fantasies Tokyo
物販ではパンフレット売り場とCD売り場がありました。
CD、50種類以上もあったとか、twitterで見かけました。FF:Uのサントラもあったそうですね。なつかしいw
大行列だったんですが、並ばなくても全部ネットで買えるよね?と思ってしまって並びませんでした。欲しい物は元々大体持っているし…
パンフは2日目の休憩中?くらいに完売したそうです。
ちなみに中身は作曲者とゲームタイトルの紹介などがフルカラーで載っていました。
こういうの見ると、サガシリーズだけないのが改めてちょっと寂しくなります。

演奏自体はとても良かったです。
特に聖剣2の、雷のような効果音や、水の泡?のような音など、演奏者が楽器や身体を叩いたり、口をパクパクさせたりして全部出してる。すごい。
演奏曲は前もってチェックしていなかったのですが、呪術師もやるとは思わなかった。トラウマになりそうな不安感!
バトル曲、特に子午線の祀りはバトル曲っぽくないバトル曲なので、ないのはちょっと寂しく思いましたが、アンコールで演奏されました。
KHはまったくの未プレイなのでわかりません。
クロノも未プレイなのですが、各コンサートや演奏会でよく聞く曲はあるので一応聞き覚えはあったり。

全体的に、旧スクウェアファンホイホイな内容のコンサートだったと思います。
それだけに、サガシリーズだけがないのが寂しい…!!
元は海外向けのコンサートで、サガは海外では人気がない(特に人気のSFC版ロマサガは、海外ではリリースすらされてない)ので、ラインナップされてないのはわかるんですが…サガだけ、と言っていますが半熟もそうですね。

開演直前に、外国人中心の集団が、中央ブロック6~7列目にぞろぞろと入ってきました。
お互いに挨拶しあったりして明らかに関係者。
休憩中、近くに行くと…菊田氏と光田氏発見。サインペンが書けるかチェックしているうちに席を立って見失ってしまった…
アンコール前に舞台に立ってコメントを述べた後そのまま舞台袖にはけたので、終了後に突撃することも叶わず。

東京メトロの駅から来ると、メインの入り口よりも楽屋口に先にぶち当たるので、出口は把握済み。
終了後、寒さと、早々に帰ったのではないかという不安と、休憩中に突撃しなかった後悔と戦いながら、待つこと約30分。
光田氏が出てきました。
駆け寄って、サインをいただきました。
ねんがんの みっちゃんのサインをてにいれたぞ!
露出が多そうでいて意外とレアなんですよねぇ。

twitterでもpost済みの話ですが、待っている間、近くにずっと中東系の外国人がたたずんでいました。
パンフレットを持っているので観客にしか見えないけど、ちょっとファン層のイメージとは違うので不思議には思っていました。
光田さんからサインをもらうのを見てその男性もMYSHのブックレットにサインを求めていました。おお、本当にファンだ!
デジカメを取り出して私に2ショット写真を撮ってくれとたぶん言ってるようなのでカメラを構えると、そこに菊田氏が通りがかり、光田さんが呼び止めて、3ショット写真を撮ってあげました。
浜渦氏も通りがかってましたが、菊田氏と浜渦氏はすでにサインいただいているので十分。
件の彼は菊田さんからも聖剣2サントラのブックレットにサインをもらっていました。準備良すぎる。
光田さんの後日の発言によると、サウジアラビアの方だったそうで。どうやって意思の疎通したんだろう。
日本のCD持ってたりチケット取ってコンサートに来てるのもすごいけど、そもそもどうして日本のゲーム音楽のファンになったのかと考えるとすごい。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。