--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-08-29

[2009-08-29]Ensemble Game Classica(アンサンブルゲームクラシカ) 第3回演奏会 東京公演 レポート

「Ensemble Game Classica(アンサンブルゲームクラシカ) 第3回演奏会 室内楽アンサンブルで楽しむゲーム音楽演奏会 東京公演」に、行ってきました。
http://egc.txt-nifty.com/blog/
Ensemble Game Classica(アンサンブルゲームクラシカ) 第3回演奏会

東京公演
2009年8月29日(土)
小松川区民館ホール
開場 17:30 開演 18:00

前回の演奏会の記事はこちら。
http://rsaga.blog60.fc2.com/blog-entry-24.html
面倒なので旧ブログから画像は移植していません。

前回の平日と違い休日、開始が夕方なのでそれまで久々に図書館でも行ってくるかと思っていたら見事に昼まで寝てしまい、さらにメッセでつい話が長引いてしまい結局午後も遅くに東京に向かいました。
浅草橋のシモジマで買い物がてら5時過ぎまで文房具やPOPを見ながら時間をつぶし、総武線で現地へ。
駅から8分、会場案内図を見る限り南口からひたすらまっすぐ南下すればすぐ分かるだろうと高を括っていたのですが意外と歩き、前回同様こちらでよかったのかとちょっと心配になりながら無事会場到着。
開場時間が5時半でしたが40分前ほどだったかと。
座席はすぐ隣に他人が来ることを気にしなければ十分好きな席を選べる状態。ど真ん中よりやや前方、ほぼ中央に一旦着席。
建物は結構古く、座席の座り心地はあまりよろしくなかったです。

----------

●第一部 弦楽三重奏の調べ

スーパーマリオブラザーズメドレー
ファミコン知らない人は投げっぱなしメドレー(クイズつき)
MOTHERメドレー

●第二部 ピアノ三重奏の調べ

フォーレ ピアノ三重奏曲 op.120

●第三部 ピアノ四重奏の調べ

ファイアーエムブレム 聖戦の系譜 より
聖剣伝説 Legend Of Mana より
風来のシレン より
ロマンシングサガシリーズ より

●アンコール
「ロマサガ3」より「怪傑ロビンのテーマ」
「星のカービィSDX」より「グルメレースステージ」

----------
第一部はバイオリン×2とチェロの編成。
…の前に、本来ロビーコンサートをやる予定?だったそうで、「がんばれゴエモン」…の何作目だったかタイトルは忘れましたが、数曲演奏。

第一部プログラムは全体的に先日のPRESS STARTで演奏したものを髣髴とさせるプログラム。
MOTHERも2006で演奏しましたしね。

マリオはプレスタとはまた違った、ゲームプレイを忠実に再現する的なアレンジ。
おなじみの曲の合間には旗に飛びついたり土管に入ったりする効果音まで再現していて、客席からはちらほらと笑いが漏れていました。

ファミコンメドレーはタイトルを聞いた時点でまさかw…と思いましたがやはり先日のプレスタを意識した、というかそのまんまでした。
出演者自身も3人のうち2人が出演していたそうです。
先日のプレスタに行った人、というアンケートで私を含む結構な人数が手を上げていました。
座席の真ん中よりやや前から見た限りでは座っている人の半分くらいは手が上がっていたような。
その先日の「ここまで出てるのにメドレー」が「あまりにメジャーすぎね?」ということで、今回のメドレーとのことです。
そうそうそう、そうなんだよ!と狂おしいほどに同意。プレスタ夜の部では桜井さん自身選曲の甘さについて言い訳(?)をしていましたけども。
任天堂のスポーツシリーズはまさに投げっぱなしジャーマン、曲を認識する間もなく次の曲へ移り、考える暇もなし。どちらにしろまったくわからんのですけど。
ゼルダの伝説は結構長いこと演奏していましたが、それもプレスタで物足りなかったので的な配慮だったようで。
先日のプレスタの補完というか短歌で言うなら返歌、アンサーパート的な、まさに痒いところに手が届くメドレーでした。
Ensemble Game Classica(アンサンブルゲームクラシカ) 第3回演奏会

MOTHERはわからないのでパス。
一応GBA版を少しやったのですが、そういえば途中で放置プレイしているなぁ…

10分の休憩のあとは第二部。
ピアノとバイオリン、チェロのピアノ三重奏。
クラシックはわからないのでパス。
目を閉じてゆったり聴いていました。

15分の休憩のあとの第三部は、ピアノとバイオリン、ビオラ、チェロのピアノ四重奏。
メインの目的であるロマサガを含むSFC~PSあたりのタイトル中心のメドレー。
一部~二部で中央付近の座席でしたが、やはりしっかり聴きたいと休憩中に前の方の席へ移動。

FEはフィールド曲の中でも前半の第5章までというまさにピンポイントな選曲。
アグストリアくるー!

「アグストリアの動乱」はBGMの人気が特に高い曲だと思います。ソースは俺の脳内。…ではなく、実際タイトルでweb検索すると、この章だけ

他のキーワード: アグストリアの動乱 mp3 アグストリアの動乱 midi アグストリアの動乱 楽譜

なんて出てくることからも、BGM単独での人気の高さが伺えることかと。
自分で歌詞つけたりしたよ…もちろん口に出して歌ったりはしませんが。
前半のメインメロディはチェロで、サビに向かうにつれビオラが入りサビでバイオリンと掛け合うように盛り上がりを見せます。
4章も好きなんですよね。
明るくも勇ましくもないSLGらしからぬ曲、「空に舞う」というタイトル、雪とペガサスの白に染まったマップを思い出します。

聖剣、シレンはわからないのでパス。
聖剣は1ならわかるんだけどなぁ…
不思議なダンジョン系はハマるのが怖くて手を出したことがありません。
曲の説明でバイオリンの人が話している間ビオラの人がずっと指でトルネコのテーマを弾いていたので話に(いい意味で)集中できませんでしたwいいぞもっとやれ。
風来のシレンメドレーの合間にドラクエ4の「勇者の故郷」が流れたのですが、トルネコならわからないでもないんですがシレンでも流れるんだろうか?

最後はお待ちかねの、というかこれが目的のロマンシングサガメドレー。

1偏重とあったので1が来るかと思っていたらいきなり2から始まり、何の曲か分からないほど大きくアレンジされていたのか聞き覚えのあるフレーズも何の曲か認識する前に過ぎてしまい、大変短いフレーズしか演奏されなかった曲などもあったと思います。
「遥なる戦いの詩」から次に認識できたのが1の「バトル1」でした。
(ブログにリストもアップされたのでここは覚えてた分のみ羅列)

2「遥なる戦いの詩」
1「バトル1」
1「下水道」
1「バトル2」
3「バトル2」
MS「熱情の律動」
2「全滅のテーマ」
3「全滅のテーマ」
1「アイシャ」
1「試練」
「オープニングタイトル」

私のサガ人生、もといゲーム人生の中でもっとも長い時間聞いたであろう「バトル1」を歌い上げるように演奏すると、「世界一美しい下水道」(byオトナファミ)。
サントラなどの存在を知らない頃、弟が必死でラジカセをテレビに近づけて録音していた(母親の声が入るのは誰もが通るお約束)、1の「バトル2」や、SFCからのメドレーかと思いきや、「熱情の律動」まで。
2月に行われたイトケンのトーク&ミニライブ「gentle echo meeting」でも、ボーカル部分がバイオリンで演奏されてましたね。
2のサントラを順に聴いていくと全滅のテーマから涙を拭いてになるわけで、聞きながらもう意識が涙を拭いての流れに行きかけたりもしてしまい、原曲はロマサガじゃないしイトケンでもないけど涙を拭いてもあったらなぁ、とちょっと思ってしまいました。
最後に「オープニングタイトル」が来たときは「やっぱこれだよね!」的に胸にこみ上げるものが。

七英雄や四魔貴族も聴きたかったなぁ、とアンケートに書いたのですが…後日ブログにネタばらしがアップされていました。
http://egc.txt-nifty.com/blog/2009/08/post-a8b8.html
七英雄アンケートに書いちゃったよ!
いつの間に演奏したんだろう。サガ曲が聞き取れなかった自分が恥ずかしい。
一小節程度のフレーズを引用したり旋律を重ねたりしたとブログにも書いてあるとはいえ、こんなに演奏していたんだと改めて知ると、もう少し聞き取れなかったものかと、本当に恥ずかしい…orz

分からない曲のうちにはアニメからの選曲もあったようです。
なるほどなぁと思うと同時に、知らない曲はさすがに無理だ…
スパロボとか出てるのかな?やってればわかったのかな?
バトル1がグレンダイザーに似ているという話も忘れていたので今度蔵書をあさってみます。大事典あたりで言ってたっけ?
グレイのテーマが水戸黄門っぽいという話は覚えているんだけどなぁ。

演奏曲が分かった状態で改めて聴いてみたいので、動画サイトに演奏をアップしてほしいところですが。
前回の演奏は全曲アップというわけではなさそうでしたが今回のロマサガメドレーはアップされるだろうか。してくださいorz
でなければ再演をもう一度…!

アンコール1曲目は、ロマサガ3より「怪傑ロビンのテーマ」。
メインプログラムに入れるにはやや異色な曲なのでサービス的にここに持ってきたのは正解かと。
次はアルカイザーが聴きたいですw

終わったあとに挨拶をして終わりかと思いきや、アンコール2曲目。
「星のカービィSDX」より「グルメレースステージ」だそうです。
活動内容や動画サイトなどに演奏をアップしていることなども宣伝して終了。

レポート書きながらこればかり聴いていました。
弦楽三重奏でロマンシングサガのバトル1・バトル2を演奏してみた


前回の演奏会のサガフロ2メドレー
ヴァイオリンとチェロとピアノでサガフロンティア2メドレー


盛況といえど今回は満席ではなかったので、プログラムが余っていたようで何部か余分にいただいてきました。アマチュアゲーム音楽演奏会のこういうパンフレット集めるの好きなんです。
「Ensemble Game Classica」または「アンサンブルゲームクラシカ」で検索すると、ブログ移転前に書いた前回の演奏会レポートがかなり上位にヒットするので、もしかしたらメンバーの方も読まれたかもしれません。
座席の数だけプログラムは用意しておくべき、とか書いちゃったんで、予算も厳しそうなのに申し訳ないことをしたかもしれない。
今回は東京は座席にも余裕があったようですし、大阪は予約者でも時間を制限して、時間までに来なかった場合は予約なしの人でも入れるように配慮したようで、前回の不備も改善されていたと思います。

MCの合間にもことあるごとに、さりげなく、あからさまに(どっちだ)募金箱の存在をアピールしていました。
やはり権利的な問題もあってだと思うのですがこの手のアマチュア演奏会は基本的に入場無料、すべてメンバー持ち出しがデフォですから大変ですよね。
前週のリトルジャックの入場料は1000円だったんだから、1000円のカンパくらい考えてみたらなんてことはないよなぁ。
彼らの心意気に敬意を表し、彼らを奮い立たせるためにU吉さんでもと思いましたが、プロのコンサートであるプレスタのS席が7500円なのにそれはやりすぎかな、と自重。
財布にたまたま五千円札が入っていたので紫の薔薇の君ならぬ紫の札の君に…と与謝野さんも検討しましたが、これからサガ関連で既に6桁単位の出費が確定しているのにそれもキツイ。
前回今回とサガシリーズからのプログラムが続いたので、バランス的にも次回はサガはないだろうなと考えてしまったことも否めません。
紙のお金を入れている人自体は結構いたので、かといって千円札1枚もなーと、財布の中に千円札が2枚あったので2000円投入。
入れるときに千円札2枚を4つ折りにして無言の「2000円入れましたアピール」をする自分ちっちぇー。
次回もサガ曲の演奏があれば与謝野さんくらいなら厭わない気持ちなのですが、一応気持ちだけに留めておきます。
ブログを見る限りではほぼ間違いなくサガ曲の予定はなさそうなので、懐的な意味では安心…かな?

ゲーム音楽を演奏するアマチュア楽団はたくさんありますが、個人的にここは結構自分の中での評価は高いです。
プレスタのようなプロのコンサートに混じって演奏をするような人たちだけあって演奏のレベルも高いと思います。
動画サイトに演奏もアップしていますが生ではやっぱり迫力が違いますし、マイクやスピーカー等は使っていないようなので、前の方の席で聴かないともったいないです。
個人的に前回も今回も会場が通勤ルートに大変近くてありがたいのと、選曲へのこだわりなど、サガ曲の演奏予定がなくても予定が空いていればまた行きたいと思わせられました。
サガ曲演奏の予定があれば予定は「空けます」けどね!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。