--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-09-10

[2009-09-10]サガ

いよいよサガ2発売まであと1週間。CMキター!
なんか伏せ目がちの人がたくさん出てきたスクエニのアニメ「PandoraHearts」を狙って前後をちょっと余裕を取って録画予約をしていたんですが、アニメ開始直前に流れたのを無事捕捉することができました。
これは提供枠ではなくスポット枠の方ですね。
本編中は流れなかったことを考えるとロマサガMSのときと同じく、発売前にスポット、発売後に提供枠の流れだろうか?

父親が枕元に立つシーンから始まり、「死闘の果てに」がバックに流れる中、旅立ちからゲーム画面が次々と移り変わり、今回エレベーター型になったらしい天の柱を上るとファミ通の広告やポスターに使われた敵味方勢揃いイラスト、そこからバトル中心のゲーム画面、中ボスのイベントシーンラッシュに、最後はアポロン。
最後にモイライ3姉妹をバックにバシッとタイトルが。
ナレーションの口にしたタイトルは「サガ2秘宝伝説」だけで、サブタイトルの方は喋ってなかったです。

たった15秒だったけどこうして書き出すとすごい情報量な気がする。
バトル音楽をバックにゲーム画面が次々移り変わるという結構オーソドックスなCMですが、この手の形が一番効果的なんじゃないかな。特にサガは。
もうゲームを卒業したオリジナル世代は、このCMで初めてリメイクを知る人もいるんだろうか。

昨日Rつんも告知していた通り、ファミ通にやっと記事が載りました。1ヶ月ぶりです。
http://blog.square-enix.com/saga2/2009/09/post_35.html
ウチの近所の歯医者は超良心的なので、ご紹介してあげたいくらいです。
どの先生も人当たりがよく、どこがどんな風に悪いからこういう治療をしますよ的な説明も丁寧にしてくれます。

前回の記事掲載の直後にジャンプでモイライが公開されたので、ものすごく情報が遅い印象が。
サガの記事が載った号しか買わない向きには、記事も広告もレビューも全部いっぺんに手に入るのはまさにいっせきにちょう、いやいっせきさんちょうではあるんですけど。
来週発売のタイトルにしては露出が少ないなと。変な意味じゃないぞギュスターヴ。
まぁ来週は10ページの特集や、20周年キャンペーンの詳細もあるらしいですが…
キャンペーンの大々的なお知らせはらめええええ
当選率に響くかららめええええええ

広告も気合が入ってました。
コレクターズパックの特典の箱のカラーバージョンと、敵味方サイドの勢揃いイラスト。
コレクターズの箱イラストは商品紹介ページでしかまだみていないわけで細かいところまで見られなかったわけですが、エスパ子の表情がちょっとエr(ry
た、たぶんに脳内補正かかってますが…w
釣り目の娘が眉を寄せる表情はいいよね…
あと乳が不自然に上向いてましたよ。エr(ry(人の絵のことイエネーヨ)

発売1週間前ということでクロスレビューもこの号でした。
9・7・7・8というスクエニソフトにしては普通の点数かもですが、変に高めの点数より妙に安心してしまうのはサガファンのサガ。
10とか6とかつける人がいてもいいくらいです。どうせクロスレビューなんて話のネタだけど。
レビュアー4人中3人がおすすめタイトルに上げていました。
その唯一オススメに上げていなかった人が、回数制の武器や独特の成長システムがとっつきにくいかも、というのと視点の切り替えが頻繁なのは気になった、とある以外はマイナスの言及はほぼありません。
久作の雰囲気を損ねないように仕上げたために話がシンプル、というのもプラスになるかマイナスになるかは人それぞれでしょうしね。

あと、ファミキングのもみ手団も今回サガでした。
広報の人が知らない人でした。Rつんはこの手のメディアにあくまで顔出しはしないキャラなんですね。
でもゲームショウには突撃させてもらいますが!
まぁ広報の人はお仕事中ですので邪魔にならない程度に。

今回サガ2だけでなくサガ20周年関係も絡んで公式サイトや特設サイトが乱立していますが、久々にスクエニブックスをチェックしたら、ちょうどクロニクルとサガ2の公式ガイドの商品ページができていました。
http://www.square-enix.co.jp/magazine/gamebooks/other/saga_chronicle/
http://www.square-enix.co.jp/magazine/gamebooks/other/saga2_guide/
ブックスは更新がなさ過ぎて結構忘れがちなんですよね…
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。